Full Stack Camera

フルスタックカメラ®
Web会議システムの活用
リモートでの会議、インタビュー、授業、面接、ウェビナーなど、
フルスタックだから、Web会議システムの録画映像を活用できます。
フルスタックとは
(技術や機能等が)数多く搭載されているという意味で使用されます。

当社サービスも、録画、保管、解析等ネットワークカメラの主要な機能がクラウド上に全て用意されていることから、「フルスタックカメラ®」としています。

フルスタックカメラ®
Web会議システムの様々な活用方法

  • リモート会議
    Web会議システムで行ったリモート会議の録画映像をアップロードして、クラウド上にアーカイブすることができます。

    AI解析でリモート会議の内容を文字に起こし、編集してダウンロードすれば、議事録として活用することができます。54の異なる言語の翻訳を作成することができるため、グローバル企業や外国人スタッフが多い職場で役立ちます。
  • ウェビナー
    Web会議システムを活用したセミナーやイベントの録画映像をアップロードして、クラウド上にアーカイブすることができます。

    また、AI解析でセミナーやイベントの内容を文字に起こし、54 の異なる言語の翻訳を作成することもできます。作成された字幕はアーカイブ映像と併せてコンテンツの素材にすることができます。
  • リモートインタビュー
    Web会議システムで行ったインタビューの録画映像をアップロードして、クラウド上にアーカイブすることができます。音声のみの記録と異なり、インタビュー時の状況や相手方の表情等、視覚情報まで記録に残すことができます。

    また、AI解析でインタビュー映像の字幕を作成し、その字幕を編集してインタビュー記事の素材にすることもできます。
  • リモート授業・指導
    Web会議システムで授業や指導を行い、その録画映像をクラウド上にアーカイブすれば、映像教材として利用することができます。

    また、AI解析で授業や指導の内容を文字に起こし、54の異なる言語の翻訳を作成することもできます。作成された字幕はアーカイブ映像と併せて生徒の学習サポートに利用することができます。
  • リモート面接
    Web会議システムで面接を行い、その録画映像をクラウド上にアーカイブすれば、面接に関する情報共有や意見交換をスムーズに行うことができます。

    また、AI解析によって面接中のやり取りを文字に起こすこともできるため、面接映像を全て視聴しなくても、まずはテキストで全体の流れを把握することができます。