Full Stack Camera

  • 小売・店舗
    業務用マニュアル

    ベテランスタッフが業務を解説し、その様子を撮影して映像を保管すれば、簡易映像マニュアルとして活用することができます。

    また、AI解析によって、口頭での解説を文字に起こし、テキストマニュアルの素材にすることもできます。54 の異なる言語の翻訳を作成することができるため、外国人スタッフが多い店舗で役立ちます。

  • オフィス
    セキュリティ

    今までの防犯カメラシステムと違い、専用カメラはレコーダー(録画機)やVMS(映像統合管理システム)を必要としません。 そのため、システム運用管理の負担が少なく、初期費用も安く抑えられます。

    動きや音を検知した際、メールやスマートフォンのプッシュ通知でユーザーにお知らせすることもできるため、エントランス、執務室、金庫やロッカー付近等、オフィスの重要スポットの防犯に役立ちます。

  • Web会議システム
    リモート会議

    Web会議システムで行ったリモート会議の録画映像をアップロードして、クラウド上にアーカイブすることができます。

    AI解析でリモート会議の内容を文字に起こし、編集してダウンロードすれば、議事録として活用することができます。54 の異なる言語の翻訳を作成することができるため、グローバル企業や外国人スタッフが多い職場で役立ちます。

  • Web会議システム
    ウェビナー

    Web会議システムを活用したセミナーやイベントの録画映像をアップロードして、クラウド上にアーカイブすることができます。

    また、AI解析でセミナーやイベントの内容を文字に起こし、54 の異なる言語の翻訳を作成することもできます。作成された字幕はアーカイブ映像と併せてコンテンツの素材にすることができます。

  • Web会議システム
    リモートインタビュー

    Web会議システムで行ったインタビューの録画映像をアップロードして、クラウド上にアーカイブすることができます。音声のみの記録と異なり、インタビュー時の状況や相手方の表情等、視覚情報まで記録に残すことができます。

    また、AI解析でインタビュー映像の字幕を作成し、その字幕を編集してインタビュー記事の素材にすることもできます。

  • 業務用マニュアル

  • セキュリティ

  • リモート会議

  • ウェビナー

  • リモートインタビュー

フルスタックカメラ®
について

カメラと映像に関する次の課題を解決します。
サービス
概要図
それぞれの課題に対応した多様なクラウドサービスを用意しています。
フルスタック型であるため、ユーザーは全てのサービスを利用することも、一部のサービスだけを利用することも可能です。

フルスタックカメラ®
利用シーン

料金プラン

初期費用  ※ 専用カメラの設置工事は別途お見積もりとなります。
※ 専用カメラの設置工事は別途お見積もりとなります。
Helix専用カメラで録画カメラの詳細はこちら
CC-2
21,780円
CC-2L
27,280円
CP-2L
55,000円
web会議システム※1 や他のカメラで録画
0円
※1web会議システム…Zoom、Microsoft Teams、Google Meet、Cisco Webex等
月額利用料
基本使用料
マスターユーザー1人あたり

550

録画サービス
A専用カメラ

1,320円~

利用しない※2

0

保管/解析サービス
B保管

0

C解析

1分あたり88円

※2web会議システムや他のカメラで録画する場合
A録画サービス

詳細

A録画サービス
Helix専用カメラで撮影した映像を録画するサービスです。
録画期間中の映像がクラウド上に保存され、それを過ぎた映像は古いものから順次自動的に消去されます。
例) 7日間プランの場合
過去7日間の録画
当日の録画
カメラ1台あたりの月額利用料
初月無料。録画期間に応じて月額利用料が変動します。
録画期間 月額利用料
7日間 1,320円
14日間 1,760円
30日間 2,200円
60日間 2,750円
90日間 3,300円
それ以上 ご相談ください。
B保管サービス

詳細

B保管サービス
ユーザーの映像をアーカイブするサービスです。
アーカイブ映像の合計時間が10時間以内であれば無料です。
10時間を超える場合、追加サービスの購入が必要になります。
例) 映像数:7本/映像の合計時間:10時間20分
アーカイブ映像を削除して10時間以内に納めるか、追加のサービスを購入するか選択。
追加
100時間
550円 / 月
10時間以内 無料
100時間追加 550円 / 月
C解析サービス(AI)

詳細

C解析サービス(AI)
ユーザーの映像をAIで解析するサービスです。
解析された映像につき(分)単位での課金となります。
※1分未満切り上げ
ご利用毎(従量制) 88円 / 分
専用カメラ1台をご利用のケース
基本使用料マスターユーザー x 1人 550円
録画サービス7日間プラン x 1台 1,320円
保管サービスアーカイブ映像が10時間以内 0円
解析サービス利用なし 0円
月額利用料 : 1,870円
Web会議システムで録画し、アーカイブ及びAI解析のみご利用のケース
基本使用料マスターユーザー x 1人 550円
保管サービスアーカイブ映像が10時間以内 0円
解析サービス映像を60分解析 5,280円
月額利用料 : 5,830円
※表記の金額はすべて税込です。

FAQ

クラウド上のシステムは安全?
当社システムは、Microsoft Azure上に構築されています。
Microsoft Azureは、ISO27001、ISO27018、SOC1、SOC2、SOC3、FedRAMP、HITRUST、MTCS、IRAP、ENS等 のセキュリティコントロールに準拠し、世界最高峰の信頼性、セキュリティを備えています。

また、システム運用については、ブロードバンドタワー社と提携しており、同社は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)上場企業で、国内に複数のデータセンターを保有し、クラウドサービスではSTAR認証Goldレベルを取得するなど、優れたIT運用技術を持っています。
映像の「録画サービス」と「保管サービス」の違いは?
録画サービス【Helix】では、録画期間中の映像が全て録画され、録画期間を超えた映像は自動的に上書き消去されます。これに対し、保管サービス【Nebula】では、録画映像の中からユーザーが指定した映像をアーカイブし、一度アーカイブされた映像は自動的に消去されません。
映像は誰のもの?
カメラはユーザー側で設置・運用されますので、撮影された映像に関する権利及び責任は全てユーザーに帰属します。ただし、違法行為や不正利用への対応、当社システムの保守・メンテナンス等の目的のために、当社側で映像データを利用等することがあります。
設置工事は?
置き型のカメラは、設置工事をしなくても使用することができます。
設置工事をご希望される場合、工事業者による事前の現地調査が必要になります。現地の状況によって、作業人員、作業工程、必要機材等が変わりますので、調査後に工事業者から見積書が提示され、ユーザー側でそれを確認し、正式発注する流れが基本となります。
工事業者は、ユーザー自ら手配することも、当社を経由して手配することもできます。当社を経由して工事業者を手配する場合には、事前に所定のお問い合わせ窓口から、ご相談ください。
インターネットの契約は?
カメラ1台につき、常時500Kbps〜1Mbps程度、上り回線の帯域を使用し、1日あたりの通信量は平均5GB程度となります。そのため、帯域が十分でないインターネット回線(ADSL回線等)を使用する場合や、通信量の上限が定められている場合(スマホのテザリング、ポケットWi-Fi等)には、サービスの利用に支障が出る可能性があります。
そのため、当社では光回線を推奨しています。ご購入の際には、インターネット接続時に締結された契約書をご確認の上、必要に応じて、契約先の回線事業者又はプロバイダーにご相談ください。
専用カメラを購入しなくても利用できる?
専用カメラを購入しなくても、ユーザーのパソコンから映像(MP4、MOV)をアップロードして、アーカイブやAI解析等のサービスを利用することができます。
パソコンからのアップロードは、映像データ1つにつき3時間・5GBを上限とし、画質は1080PフルHDまで対応することができます。